コレステロールは下げなくてもいい?

健康診断 中性脂肪とは

健康診断で脂質異常症と診断される原因の1つに、コレステロールが高いというものがあります。中性脂肪やLDLコレステロールが高くても脂質異常症と診断されるため、あまり違いを意識しない方もおられると思います。

しかし、中性脂肪とコレステロールには大きな違いがあります。そして、中性脂肪は高いと危険ですが、コレステロールは高くても良い、むしろ低いより高いほうが長生きするという話も聞くようになりました。

そこでこの記事ではコレステロールの役割やコレステロールが高いと本当に危険なのかを説明します。

コレステロールの役割

コレステロールが高いと問題視されがちですが、高いよりも低いほうが良いということではありません。コレステロールにも大切な役割があるからです。

コレステロールは次のものの材料として使われます。

  • 脂質の消化に必要な胆汁酸
  • 体の働きの調節をするホルモン
  • 細胞膜

コレステロールが低すぎると、これらの材料が不足することになり、体にとって必要なものが作られなくなってしまいます。ですから、コレステロールが低ければ低いほど良いということではありません。

これは一般的に悪玉コレステロールと呼ばれる、LDLコレステロールに関しても同じです。LDLコレステロールは全身の細胞に運ばれている最中のコレステロールのことであり、これが低いと全身の細胞に必要なコレステロールが届けられないからです。

LDLコレステロールが動脈硬化を引き起こすのではない

ではなぜLDLコレステロールが高いことが問題視されているのでしょうか?それはLDLコレステロールが動脈硬化を引き起こし、ひいては心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こすと考えられてきたからです。

血中のコレステロールが多いと血液がドロドロになり、詰まりやすくなってしまう。また、コレステロールが血管壁に張り付き動脈硬化を引き起こす。そんなふうに考えられていたため、LDLコレステロールは悪者にされてきました。

しかし実際には、LDLコレステロールが動脈硬化の原因になるのは別の原因が重なった場合に限られることがわかるようになってきました。LDLコレステロールが酸化した場合や、活性酸素により血管壁が傷つけられた場合です。悪いのはLDLコレステロールではなく、細胞を酸化させダメージを与える活性酸素のほうだったのです。

コレステロールが高いほうが長生きする

それどころか、コレステロールは低い人よりも高い人のほうが長生きするという論文が発表されるようになっています。コレステロールを下げなければいけないという従来の考えは間違いであることが徐々に明らかにされています。

コレステロールが高くなる原因

では、そもそもなぜコレステロールが高くなるのでしょうか?論理的に考えて2つの原因が考えられます。

体の調整機能に問題が起こる

1つ目の原因は体の調整機能の衰えです。人間の体にはコレステロールを一定に保つための仕組みが存在します。ホルモンの分泌によってコレステロールを上げたり下げたりしているのですが、この機能が衰えると正常な値を維持できなくなってしまいます。

体が必要だからコレステロールを上げている

もう一つ考えられる原因は体がこれまで以上にコレステロールを必要としているからです。特に、更年期を過ぎたあたりから性ホルモンの分泌が少なくなってくるため、それを補うためにコレステロールが必要なのではないかと言われています。

薬を使って無理やり数値を下げても安全なのか?

コレステロールが高くなる原因について2つほど考えてみましたが、ここで問題なのは薬でコレステロールを下げても大丈夫なのか?ということです。

断っておきますが私は医者ではないため、特定の方に向けて薬の要不要をお話するつもりはございません。あくまでも健康についての個人的な意見としてお読みください。

薬を使うと、半ば強制的にコレステロールの値を下げることができます。コレステロールの値を見て安心することはできますが、果たしてそれで良いのでしょうか?

先ほどコレステロールが高くなる原因についてかんたんにお話しましたが、薬はその原因を解決するものではありません。体の調整機能を高めてくれるのではないことに注意が必要です。

そして、もし体にとって必要なのでコレステロールが高くなっているのだとしたら、薬で強制的にコレステロールを減らしても問題はないのでしょうか?コレステロールの値は正常値に戻っても、他に問題が生じるのではないかと私は疑ってしまいます。

そもそも、日本のコレステロールの基準値が厳しすぎるのでは?という話もあるのですが、それは置いておくとしても、薬で何かの数値をコントロールするというのは何かしらのリスクがあるのではないかと個人的には考えています。

コレステロールが気になったらまずは生活習慣の改善を

ということで、私としてはすぐに薬に頼るよりも、まずは食事や運動などの生活習慣の改善を目指すのが良いのではないかと思います。

とはいえ、コレステロールを多く含むと言われる食品を減らしても意味はありません。コレステロールの約80%は体内で作られるため、食事から摂るコレステロールを減らしても意味がないからです。

むしろ、コレステロールを下げるDHAやEPAが豊富な魚を積極的に食べるようにしましょう。なかなか魚を食べられない方はサプリメントで補うのも良いと思います。こちらは薬と違い、強制的にコレステロールを下げることはないので安心です。

おすすめのEPAサプリメントとその選び方はこちらで解説していますので参考にしてください。