LDLが高いことよりHDLが低いことが問題

健康診断 中性脂肪とは

健康診断の結果を見るとき、コレステロールやLDLコレステロールが高いことに特に注目しがちです。しかし、他の記事でも書いたように、コレステロールが高いのはそれほど問題がありません。

健康診断

コレステロールは下げなくてもいい?

2020年1月3日

一方、本当に気をつけないといけないのはHDLが低くないかどうかです。その理由とは?

LDLとHDLのバランスが大切

なぜかというと、LDLとHDLはバランスが大切だからです。

LDLはコレステロールを肝臓から全身の細胞に運ぶ働きをしています。一方、HDLは不要なコレステロールを全身から肝臓に戻す働きをしています。

LDLは物資を運ぶトラック、HDLは不要な物資を回収するリサイクル業者、もしくはゴミ収集車に例えられるかもしれません。

もし、物資を運ぶトラックが増えて、回収するリサイクル業者もしくはゴミ収集車が減ったらどうなるでしょうか?街中が物資で溢れかえり、使われないものはやがてゴミとなってあちこちに積まれていきます。もし火事でも起きれば街全体が危険な状態になります。

同じように、LDLとHDLのバランスが悪くなると、不要なコレステロールが回収されなくなります。すると、過剰なコレステロールが活性酸素によって酸化させられ、動脈硬化を引き起こす危険な物質になってしまいます。

HDLが少なくなると、不要なコレステロールが回収されない

LDLを下げるだけでは解決されない

ここで多くの方が考えるのが、薬でLDLを下げるという選択肢です。ではそれで問題が解決されるのでしょうか?

先程の例えに戻りましょう。リサイクル業者もしくはゴミ収集車が足りなくなってしまったからと言って、物資を運ぶトラックを減らしたら、街はどうなるでしょうか?当然ながら必要な物資が入ってこなくなり、生活が苦しくなります。

同様に、LDLが高いからと言って無理やり下げてしまうと、コレステロールを必要としている細胞にコレステロールが届けられなくなってしまう危険があります。

LDLが不足すると、全身の細胞が廃墟のようになってしまう

本当の解決策はHDLを増やすこと

ではどうすれば良いのでしょうか?それはHDLを増やせば良いのです。

もう一度、先程の例えに戻りましょう。入ってくる物資の量と出ていく資源・ゴミのバランスが崩れている場合、入ってくる物資を減らすと物資が足りなくなる恐れがあります。一方、出ていく資源・ゴミの量を増やせば、街には必要量の物資が確実に届きますし、余剰な分はすべて排出されるため、街がゴミだらけになることもありません。

同様に、LDLが多少高くてもHDLを増やしてバランスが取れれば大丈夫です。

HDLを増やしてバランスを取ればOK!

ではどうすればHDLが増えるのでしょうか?これはまた別の記事で書きたいと思います。