血糖値と中性脂肪の関係

中性脂肪とは

高中性脂肪と高血糖はまったく別もののような気がしますが、実は同じ原因で起こります。どちらも糖質の摂りすぎが原因で起きるからです。

エネルギーが糖の形で血液中を漂うと高血糖、中性脂肪の形で血液中を漂うと高中性脂肪になります。

ですから、中性脂肪も血糖値もどちらも高かったとしても、心配は不要です。原因を取り除けばどちらも改善されるからです。

そのメカニズムをもう少し詳しく見てみましょう。

糖質を摂ると血糖値が上がる

わたしたちが食事をすると、食べたものは胃や腸で消化されます。そのままでは体に取り込めないため、より小さい物質に変えて体内に取り込むためです。

この中で、糖質は腸でブドウ糖に分解され、血管に取り込まれます。血液中のブドウ糖が増え、血糖値があがります。

わたしたちは生きていくためにブドウ糖を必要としています。ブドウ糖は脳を含む体の細胞のエネルギー源だからです。

インスリンが糖を脂肪に変換する

しかし、血糖値が上がりすぎると体に良くありません。余分なブドウ糖が血管を傷つけるからです。

そのため、体は血糖値を下げるためにインスリンというホルモンを分泌します。インスリンが分泌されると肝臓はブドウ糖を脂肪へと変換します。

すると、血糖値は下がりますが、今度は脂肪が増えてしまいます。その脂肪が血液中に送られると、血中の中性脂肪が上がります。

これが血糖値と中性脂肪の関係です。ブドウ糖の状態で血液中を流れていると血糖値が上がり、脂肪の状態で血液中を流れていると中性脂肪が上がるのです。

血糖値を上げない食事が大切

ということで、血糖値が高い、中性脂肪が高い、もしくは両方高いという方の場合、まずは血糖値を上げない食事の仕方が大切です。

そのことについてはこちらの記事で解説しています。

血糖値を上げない食べ方

さかな暮らしダブル

整体師おすすめの最強DHA&EPAサプリメント