中性脂肪とコレステロールの違い-健康診断を正しく理解しよう

健康診断 中性脂肪とは

中性脂肪とコレステロール、悪玉&善玉コレステロールの違い、説明できますか?

健康診断の血液検査で検査され、メタボの判定の基準の一つになっています。数値に異常があれば再検査や病院の受診を勧められ、場合によっては数値を下げるために薬を処方されることも。。。

それだけ健康を左右する重要な数値であるにもかかわらず、そもそも中性脂肪って何?コレステロールって何?悪玉と善玉って何が違うの?そんなことを教わる機会はほぼ皆無で、ただ「数値が高いとだめ」ということばかり刷り込まれています。

そんなわけで、中性脂肪とコレステロール、悪玉コレステロール、善玉コレステロールがそれぞれ何者なのか調べてみました。その結果、驚くことに、中性脂肪とコレステロールは全くの別物で、コレステロール自体は一種類しかないという事実がわかりました!では一つ一つご説明しましょう。

中性脂肪は体のエネルギー源

中性脂肪は体がエネルギーとして使うために蓄えられた脂肪です。

脂肪というとあぶらから作られるように感じますが、実際には糖質からも作られます。糖をそのまま体に蓄えることができないからです。

中性脂肪が蓄えられる場所により肝脂肪、皮下脂肪、内蔵脂肪などと呼ばれますが、健康診断で数値が高いと言われるのは血中の中性脂肪です。体の各部でエネルギーとして使われるために血液中を運ばれています。

悪者扱いされやすい中性脂肪ですが、実際には体にとって必要なものです。人が生きるためのエネルギーを蓄えるためのものだからです。

コレステロールは材料

中性脂肪がエネルギー源なのに対し、コレステロールは様々なものの材料として使われます。脂質の消化に必要な胆汁酸や体の働きの調節をするホルモン、細胞膜の材料として使われます。

コレステロールも少ないほうが良いものと思われがちですが、実際には無くてはならない大切なものです。むしろ、本当のところは多いよりも少ないほうが問題です。

悪玉コレステロールと善玉コレステロールは運搬役の違い

コレステロールの中でも特に悪者扱いされているのが悪玉コレステロールです。一方、唯一多いほうが良いと思われているのが善玉コレステロールです。

名前からして悪玉コレステロールは体に有害なもので、善玉コレステロールは体に有益なもののような気がしますが、実はこれも間違いです。どちらも体にとって必要なものです。悪玉コレステロールと善玉コレステロールはただコレステロールの運搬役が違うだけだからです。

コレステロールを運ぶリポタンパク

コレステロールは肝臓で作られます。その後、リポタンパクという物質にくっついて血液中を運ばれます。コレステロールのままでは血液中を移動できないからです。

肝臓から体の各部に運ばれるリポタンパクはLDLと呼ばれ、LDLが運んでいるコレステロールを悪玉コレステロールと呼んでいます。

逆に、体の各部から不要なコレステロールを肝臓に運ぶ働きをしているリポタンパクもあります。それをHDLと呼び、HDLが運んでいるコレステロールを善玉コレステロールと呼びます。

悪玉コレステロールは体に運ばれていくもの、善玉コレステロールは体から回収されているものです。どちらも体にとって必要なものであり、決して悪者ではないことがわかります。

まとめ

中性脂肪は体のエネルギーで、コレステロールは体の材料であることがわかりました。また、悪玉コレステロールと善玉コレステロールには肝臓から体に行くか、体から肝臓に回収されるかの違いがあるということがわかりました。

いずれも体にとって必要なもので、少なければいいというものではありません。それぞれが多いとどんな問題があるのかは別の記事で解説します。