中性脂肪が気になる方のオメガ3サプリの選び方

中性脂肪のためのサプリメント

オメガ3が健康に良いという話をどこかでお聞きになったことがあるかもしれません。でもオメガ3って何?どんな効果があるの?そんな疑問をお持ちではないでしょうか?

オメガ3は油脂の分類の一つで、中性脂肪を下げる効果があります。健康診断の値に悩む方にとても大切な栄養素です。

オメガ3脂肪酸の詳細についてまとめました。

オメガ3脂肪酸とは?

オメガ3脂肪酸とは油脂の分類の一つです。DHA、EPA、αリノレン酸などがオメガ3脂肪酸に分類されます。

オメガ3脂肪酸は食事で摂る必要があります。体内で作ることができない必須脂肪酸の一つだからです。DHAやEPAが豊富な青魚や、αリノレン酸が豊富な亜麻仁油やえごま油が健康に良いと言われるのは、必須脂肪酸のオメガ3脂肪酸を豊富に含んでいるからです。

オメガ3脂肪酸は意識的に摂らないと十分な量を摂ることができません。オメガ3脂肪酸が含まれる食品は限られているからです。DHAやEPAは魚以外にはほとんど含まれていません。αリノレン酸が豊富な食品も亜麻仁油やえごま油の他、チアシードなどに限られます。

ですから、オメガ3脂肪酸を含んだ食品は意識的に摂る必要がありますし、もし不足するようなら積極的にサプリメントを摂ったほうが良いでしょう。

オメガ3脂肪酸の効果

ではオメガ3脂肪酸にはどんな効果があるのでしょうか?オメガ3脂肪酸には悪玉コレステロールや中性脂肪を下げる効果があると言われています。

EPAとDHAは、HDLコレステロールを増やし、LDLコレステロールと中性脂肪を減らすという非常にすぐれた作用を持っています。栗原毅著「専門医が教えてくれる!3週間で無理なくコレステロールと中性脂肪を下げる!200%の裏ワザ実践編」(株式会社日東書院本社)

他にもアレルギーやがん、生活習慣病を予防する効果もあります。オメガ3脂肪酸にはアレルギーを抑制したり、血液の流れを良くしたり、炎症を抑えたりする作用があるからです。

オメガ3 オメガ3に分類される、EPAが細胞膜を構成する。 血管拡張作用、血栓抑制作用、炎症抑制作用、アレルギー抑制作用を持つ。内海聡著「その「油」をかえなさい!―――今からでも、遅くない!」(株式会社あさ出版)

オメガ3脂肪酸は健康診断の値や生活習慣病が気になる人が積極的に摂るべき脂肪酸なのです。

オメガ3脂肪酸のサプリメント

オメガ3脂肪酸のサプリメントは、DHAやEPAを豊富に含むフィッシュオイルのサプリメントと、αリノレン酸を豊富に含む亜麻仁油やえごま油のサプリメントに分けることができます。

中性脂肪を下げるためにオメガ3脂肪酸のサプリメントを摂るなら、DHAやEPAのサプリメントをおすすめします。魚以外では摂るのが難しい栄養素だからです。

もちろん、毎日魚を食べるほうが健康的です。加熱するとDHAやEPAが減ってしまうので、食べるなら刺し身がおすすめです。

刺し身

とはいえ、毎日刺し身を食べるというのも現実的ではありません。それで、DHAとEPAのサプリメントで補うというのが理想的です。

一方のαリノレン酸のサプリメントはあまりおすすめできません。必要な量を摂るには大量のサプリメントが必要だからです。

αリノレン酸の場合、1日あたり2.4gを摂ると良いと言われています。これを亜麻仁油やえごま油で摂るには4g、小さじ1杯程度必要です。これだけの量を摂るのであれば、カプセルに入ったサプリメントを飲むよりも、亜麻仁油やえごま油そのものを買って飲むほうが手っ取り早いです。

油をそのまま飲むのは抵抗があるかもしれませんが、意外にサラッと飲めてしまいます。もし難しければサラダにドレッシングをかける代わりに、亜麻仁油やえごま油と調味料(塩、こしょう、醤油、酢、レモン汁などお好みで)をかけて食べるのがおすすめです。

オメガ3脂肪酸のサプリメントなら魚以外で摂ることが難しいDHAやEPAのサプリメントを選びましょう。αリノレン酸はサプリメントよりも亜麻仁油やえごま油から摂るほうがコストもかからずおすすめです。

まとめ

オメガ3脂肪酸は健康診断の値が気になる方に必要な栄養素です。悪玉コレステロールや中性脂肪を下げる効果があるからです。オメガ3脂肪酸にはDHAやEPA、αリノレン酸などがあります。DHAとEPAは青魚に豊富に含まれていて、αリノレン酸は亜麻仁油やえごま油に豊富に含まれています。

DHAやEPAを摂るなら青魚の刺し身が一番ですが、難しければサプリメントで摂りましょう。魚以外にはサプリメントぐらいしか摂る方法が無いからです。αリノレン酸はサプリメントよりも亜麻仁油やえごま油で摂りましょう。

DHA&EPAサプリメントの選び方とおすすめサプリメントはこちらで紹介しています。合わせてご覧ください。