中性脂肪を下げる効果があるDHCのサプリメント

中性脂肪を下げるDHCのサプリ 中性脂肪のためのサプリメント

DHCのホームページで中性脂肪を下げるサプリメントを探そうとしても、なかなか思うように探せなかったりします。というのも、サプリメントは基本的に効果を謳えないので、DHCとしても中性脂肪を大々的にアピールできないからです。

しかし、ヒントがあります。それは機能性表示食品です。機能性表示食品は許可された範囲でサプリメントの効果を表示することができるからです。

DHCのサプリメントで「血中の中性脂肪を低下させる」と表示されているサプリメントがあります。それが「DHA」のサプリメントです。

DHCのDHAサプリメントの成分を調べ、おすすめ度を調査しました。

DHCのDHAは「血中の中性脂肪を低下させる」機能性表示食品

DHCのDHAサプリメントには中性脂肪を減らす効果があります。DHAとEPAには中性脂肪を減らす効果があるからです。

DHCのDHAは機能性表示食品として、「血中の中性脂肪を低下させる」効果があると謳うことが許可されています。ですから、DHCで中性脂肪を減らすサプリメントを選ぶのであれば、DHAが第一の選択肢です。

一日に必要なDHAとEPAの62%を配合

DHCのDHAサプリメントを摂るだけで、一日に必要なDHAとEPAの62%を摂ることができます。にはDHA510mgとEPA110mg、合計620mgが配合されているからです。厚生労働省は1日に1,000mg以上のDHA、EPAを摂取することを推奨しています。DHCのDHAサプリメントは、比較的安価でありながら62%を補給できるので、おすすめです。

DHCのDHAはコスパが良い

DHCのDHAはとてもコスパが良いサプリメントです。1,000円ちょっとの値段で、1日に必要なDHA&EPAの62%を摂ることができるからです。実は、もっと高価なサプリメントでもDHA&EPAの量はDHCよりも少ないということがあります。

 DHAEPADHA+EPA価格(30日分)
さかな暮らしダブル260mg600mg860mg ¥2,800
DHA&EPAオメガプラス520mg260mg780mg ¥1,714
DHC「DHA」510mg110mg620mg ¥1,191
大正DHA・EPA400mg200mg600mg ¥4,000
サントリーDHA&EPA+セサミンEX300mg100mg400mg ¥5,500

DHCのDHAサプリメントがコスパが良いことを理解していただけたと思います。

EPAの配合量が少ない

ただ、DHCのDHAには弱点もあります。それはEPAの配合量が少ないことです。先ほどDHAとEPAが中性脂肪を減らすと書きましたが、中性脂肪に効果があるのはEPAの方であるという見方もあります。

DHAには悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を減らす作用があり、EPAには中性脂肪に働きかける効果があります。 藤田紘一郎著「なぜ「油」をかえると、長生きできるのか」(三笠書房)

DHAだけを取り出すことが技術的に難しく、EPAが混ざったものでしか実験ができないため、DHA単体での効果は科学的に実証するのが難しいのです。DHAには脳に入れるという利点があるので、DHAが豊富なサプリメントは頭や視力のために摂るのであればおすすめです。

しかし、中性脂肪を減らすために摂るのであればEPAが豊富なサプリメントの方が効果を期待できます。EPAは純粋なEPAを使った実験も行なわれており、より効果が明確にされているからです。

とはいえ、DHCのEPAサプリメントはあまりおすすめしません。EPAは350mgと多いのですが、DHAが80mgと少なく、合計しても1日に必要な量の43%しか補えないからです。

まとめ

DHCのDHAサプリメントはコスパが優れています。1,000円ちょっとの値段で1日に必要なDHA&EPAの62%を補えるからです。

しかし、中性脂肪を減らすために摂るのであれば、あまりおすすめはできません。EPAの量が少ないからです。EPAがメインのサプリメントの方が効果を期待できます。

おすすめは30日分2,800円と比較的安い価格でありながら、600mgのEPAを配合している「さかな暮らしダブル」です。こちらのページで詳しく紹介しています。

もっと安いものが良ければ、1,000円台で買える「DHA&EPAオメガプラス」をおすすめします。こちらは520mgのDHAと260mgのEPA、さらに亜麻仁油を配合しています。DHAの方が多いのはDHCのDHAと同じですが、EPAの量は260mgと多く、中性脂肪を下げたい方におすすめです。