EPAやDHAが豊富な魚

中性脂肪を下げる食事

中性脂肪を下げるために食生活を変えていきたいのであれば、まずはを積極的に摂ることをおすすめします。魚の油に豊富に含まれているEPAやDHAに中性脂肪を下げる働きがあるからです。

EPAやDHAが中性脂肪を下げるという根拠やおすすめの魚の食べ方などをご紹介していきます。

EPAやDHAが中性脂肪を下げる

EPAやDHAには中性脂肪を下げる働きがあります。これは科学的な事実です。専門家たちもそのように言っています。

例えば、東京医科歯科大学名誉教授の藤田紘一郎教授は著書の中で次のように書いておられます。

D H A には 悪玉 コレステロール( LDL コレステロール) を 減らす 作用 が あり、 EPA には 中性脂肪 に 働きかける 効果 が あり ます。

藤田 紘一郎. なぜ「油」をかえると、長生きできるのか-三笠書房

また、DHAやEPAのサプリメントの中には、血中の中性脂肪を下げるとしてトクホや機能性表示食品としての認定を受けているサプリメントがあります。

それだけでなく、エパデールという薬はEPAを主成分とする薬で、高中性脂肪や高コレステロールの人に使われています。

このように、EPAやDHAが中性脂肪を下げるというのは科学的に認められた事実であることがわかります。

科学
EPAやDHAが中性脂肪を下げるのは科学的な事実

魚にはEPAとDHAが豊富に含まれている

中性脂肪を下げる働きが認められたEPAやDHAを摂るなら、魚を食べるのが一番の方法です。魚にはEPAやDHAが豊富に含まれているからです。

魚にEPAやDHAが豊富に含まれているのは、これらの成分には血液をサラサラにする働きがあるからです。

魚は変温動物なので、体温を一定に保つことができません。冷たい水の中では血液も冷たくなります。

もし血液がドロドロになってしまうと、血液が固まりやすくなり、命の危険が生じます。血液が固まって死ぬことがないよう、魚の体内には血液をサラサラにするEPAやDHAが豊富にあると考えられます。

中性脂肪が高い人は血液がドロドロになっている状態ですから、血液をサラサラにする成分が豊富な魚を食べるのはとても理にかなっています。

海の魚

魚は「なま」で食べるのがおすすめ

ただし、中性脂肪を下げるために魚を食べるなら、魚の調理方法に気をつけましょう。おすすめは刺し身など、なまで食べることです。EPAやDHAは熱の影響を受けやすいからです。

いくらEPAやDHAが体に良いと言っても、酸化していたら逆効果になってしまいます。EPAやDHAはとても酸化しやすいので、なまで食べましょう。

食べるべき魚は?

魚の中でもEPAやDHAが豊富に含まれていて、かつ食べやすいのはマグロやサバ、サンマ、イワシです。特にマグロは刺し身で良く売られていますから、買いやすいのでおすすめです。

刺し身
マグロはEPAやDHAを豊富に含む

魚が苦手ならサプリメントで補給を

もし魚が苦手なら、サプリメントでEPAとDHAを補うのも一つの方法です。おすすめのサプリメントをまとめていますので、下のボタンをタップしてご覧ください。

さかな暮らしダブル

整体師おすすめの最強DHA&EPAサプリメント